若柳庸日本舞踊研究所|東京都文京区

教室案内 コース案内 プロフィール イベント 体験教室 アクセス
トップページ>古典から新作まで日本舞踊の指導者の達人・若柳庸プロフィール、若柳庸子プロフィール
プロフィール
若柳 庸
若柳 庸

  ■古典から新作まで日本舞踊の指導者の達人

幼少の頃、近所の先生に踊りを習い始める。
1947年 若柳吉依師に師事。
1953年 若柳吉庸寿の名前を貰う。
1952年 「つぼみ会」を主催、後進の育成を始める。
1957年 結婚して東京定住を機に「庸寿会」を結成、若柳吉三次(現鵬翁)師に師事。
1962年 名取を取り直して若柳庸を名乗る。
1963年 師範免許状取得。
1967年より 三越劇場において隔年に舞踊会を開く。
1975年 国立劇場出演の折、当時国立劇場制作室の富田鉄之助師の目にとまり、十数年間富田氏に付いて、歌舞伎舞踊を勉強し芸の骨格を生む。
1976年より 舞踊会を国立小劇場に移し、同時にリサイタル(古典舞踊研究所)を開催して現在までに11回を数える。また、日本舞踊協会及び城北ブロック、東京新聞、報知新聞主催等の主な舞踊公演に出演する一方、三女若柳庸子をはじめとして、特に若手舞踊家の育成に力を注いでいる。
現在、(公社)日本舞踊協会東京支部城北ブロック 副ブロック長
正派若柳会理事、及び、文京区日本舞踊普及会会長
平成27年文京区文化芸術功労賞受章

若柳 庸先生---お誕生日の記念撮影
2013年6月 若柳 庸先生のお誕生日を祝って…。
【 略 歴 】
1935(S10)
京都市生まれ
1946(S21)
疎開先滋賀県に若柳吉依師を招き、稽古を始める
1947(S22)
「近江のお兼」初舞台
1952(S27)より
「つぼみ会」自主公演を開く
1953(S28)
西派若柳流名取になる
1957(S32)
結婚して東京定住。初代若柳吉三次師に師事
1962(S37)
正派若柳流名取を取り直す
1963(S38)
正派若柳流師範名取を取り直す
1967(S42)より
「庸寿会」自主公演を三越劇場にて開催
1972(S47)
「東扇会」東京タイムス社主催に出演
1976(S51)より
「若柳庸古典舞踊研究会」及び「庸寿会」自主公演を国立小劇場にて開催
1978(S53)より
(社)日本舞踊協会東京支部城北ブロック舞踊公演及び、「華扇会」報知新聞社主催に出演
1982(S57)より
(社)日本舞踊協会公演に出演
1983.6~1997.5
(社)日本舞踊協会東京支部城北ブロック書記を務める
1985(S59)より
「女流名家舞踊大会」東京新聞主催に出演
1987(S61)
第1回(社)日本舞踊協会東京支部舞踊公演に出演
1991(H3)より
「巴の会」自主公演(普及活動)を京都十松屋たちばな舞台にて開催
1997.6~現在
(公社)日本舞踊協会東京支部城北ブロック 副ブロック長、正派若柳会理事、 及び 文京区日本舞踊普及会会長
1978(S53)
第20回京都芸術際「名流舞踊大会」京都市長賞受賞
1979(S54)
第21回関西芸術祭「名流舞踊大会」芸術祭大賞受賞
2016(H16)
平成27年文京区文化芸術功労賞受章

若柳 庸子
若柳 庸1965年生まれ。
1969年 母、若柳庸に師事。庸主催勉強会で『菊づくし』を踊る
1974年 庸寿会、『越後獅子』『胡蝶』で初舞台。
1979年 正派若柳会名取取得。
1981年 師範名取となる。(社)日本舞踊協会に所属。
1976年より国立小劇場にて隔年に母が主催する庸寿会に、1982年より報知新聞主催の華扇会に毎年出演。
1986年 母と共に古典舞踊研究会を開催。
1988年 文化庁中学校芸術鑑賞教室に出演。
1987年、1989年 (社)日本舞踊協会主催の新春舞踊大会で大会賞を受賞。
1990年 大会賞及び会長賞を受賞。同年日本舞踊社主宰のみそみ会にて、優秀賞を受賞、若手舞踊家としての基盤を作る。
1990年~2002年 若柳庸・庸子リサイタルを国立小劇場で開催。
『お夏狂乱』『操三番叟』『振袖山姥(公時役)』『京鹿子娘道成寺』『かさね』等を上演。
また、現在に至るまで「庸寿会舞踊会」を国立小劇場において8回主宰。
『うかれ坊主』『賤機帯[しずはたおび]』『瓢箪鯰[ひょうたんなまず]』等を上演。
他に日本舞踊協会、城北ブロック、東京新聞等の主催する舞踊公演に出演する一方、1991年より毎年「巴の会」(普及会)を主催し、1994年には第1回庸子の会を開く。
1995年~1997年の文化庁移動芸術祭を始め、新鋭展、日本舞踊協会公演、芸術祭参加自主公演(於:国立小劇場)や、国立劇場主催公演、創作舞踊劇場公演等、舞台活動を続ける一方、母と共に東京目白台と新宿区西落合、京都、滋賀等に教室を開き、後進の育成に務めている。
また、在住の文京区にて、文化向上の為、区のイベントや子供を対象とした普及活動や国際交流にも参加。『文京坂・名所踊図』の新作発表にも振付出演参加協力し、普及にも務めている。
主な上演作品は、女形『道成寺』もの、『かさね』『櫓のお七』『京人形』『操三番叟』等の“人形振り”、『神楽娘』等の面物もの、他、立役『流星』『文屋』『連獅子』『鬼の念仏』他。
【 受 賞 暦 】
1987(S62)
「各流派合同新春舞踊大会」(社)日本舞踊協会主催 大会賞受賞
1988(S63)
「各流派合同新春舞踊大会」(社)日本舞踊協会主催 奨励賞受賞
1989(H1)
「各流派合同新春舞踊大会」(社)日本舞踊協会主催 大会賞受賞
1990(H2)
「各流派合同新春舞踊大会」(社)日本舞踊協会主催 会長賞受賞
「各流派合同新春舞踊大会」日本芸能実演家団体協議会奨励賞受賞
「研修みそみ会」日本舞踊社主宰 優秀賞受賞
1993(H5)
「名流舞踊大会」 ライオンズクラブ賞受賞
関西芸術祭実行委員会、京都岡崎ライオンズクラブ主催
【 略 歴 】
1965(S40)
東京都生まれ
1969(S44)
母、若柳庸に師事
同9月、庸主催「庸寿会勉強会」にて『菊づくし』を踊る
1974(S49)より
「庸寿会」庸主宰舞踊会に『越後獅子』『胡蝶』で初舞台
1979(S54)
正派若柳流名取になる
1981(S56)
正派若柳流師範名取になる。(社)日本舞踊協会に入会
1982(S57)より
「春の華扇会」報知新聞社主催に出演。於:国立大劇場
1984(S59)より
(社)日本舞踊協会東京支部城北ブロック公演に出演
1985~90
「研修みそみ会」日本舞踊社主催に出演
1985(S60)より
創作舞踊劇場公演(社)日本舞踊協会主催に出演
1986(S61)より
「若柳庸・若柳庸子古典舞踊研究会」及び「庸寿会舞踊公演」に併せて出演。
於:国立小劇場 上演演目『鏡獅子』『北州』他
1987(S62)より
「女流名家舞踊大会」東京新聞主催に出演。於:国立大劇場
第一回(社)日本舞踊協会東京支部舞踊公演に出演。於:歌舞伎座
1988(S63)~91
「中学校芸術鑑賞教室」文化庁主催に出演
1991~96
(社)日本舞踊協会主催「日本舞踊定期公演"をどり"」に出演
1991~97
「巴の会」自主公演(普及活動)京都十松屋たちばな舞台にて開催 
上演演目『文屋』『日高川』
1994(H6)
「第一回若柳庸子の会」を国立小劇場にて開催
1995~97
「文化庁移動芸術祭、邦楽、邦舞公演」に出演
1996(H8)
「日本舞踊新鋭展」文化庁主催公演に出演 於:国立小劇場 上演演目『流星』
1997(H9)
文化庁芸術祭参加。「第九回若柳庸 若柳庸子リサイタル」を国立小劇場にて開催
「第二十七回庸寿会勉強会」を開催
「第十回記念巴の会」自主公演を京都先斗町歌舞練場にて開催
1998(H10)
「第十五回創作劇場公演 いまいざやかぶかん」に出雲のおくにの少女役を務める。
於:新国立中劇場
「第二十八回庸寿会勉強会」を開催
1999(H11)
文化庁芸術祭参加。「第十回若柳庸 若柳庸子リサイタル」及び
「第十七回庸寿会舞踊公演」を国立小劇場にて開催。
「第二十九回庸寿会勉強会」を開催
2000(H12)
「第三十回庸寿会勉強会」を開催
2002(H14)
「第十一回若柳庸 若柳庸子 リサイタル」及び「第十八回庸寿会舞踊公演」を国立小劇場にて開催。
明治神宮春の大祭「邦楽・邦舞の奉納」に出演
2003(H15)
正派若柳流、第一期専門師範となる
2004(H16)
「第二回若柳庸子リサイタル」を芸術祭参加にて、国立小劇場に於いて開催
上演演目 『豊後道成寺(花柳芳次郎振付)』『鬼の念仏(初代猿若清方振付)』
2005(H17)
正派若柳流企画作品に、若手舞踊家として起用され『紅葉狩』を上演
2006(H18)
「第十九回庸寿会舞踊公演」及び「第三回若柳庸子リサイタル」を芸術祭参加にて、国立小劇場に於いて開催 ⇒イベント参照
上演演目『本朝廿四考』『鬼の念仏、洛中破れ傘(庸子振付)』
(公社)日本舞踊協会東京支部城北ブロック書記及び文京区委員正派若柳会幹事及び試験曲助講師 (財)文京アカデミー文化芸術会議委員
2008(H20)
「第四回若柳庸子リサイタル」(文化庁芸術祭参加) 於:国立小劇場
上演演目 『高尾懺悔(四世花柳壽輔振付)』『犬のざれごと(若柳庸振付)』
2011(H23)
「第五回若柳庸子リサイタル」(文化庁芸術祭参加) 於:国立小劇場
上演演目 『北州』
『隅田川』(四世花柳壽輔振付)<舟人:四世花柳壽輔(特別出演)、班女:庸子>
正派若柳会発足60周年記念公演 於:国立劇場
新作『湯島風流』振付、『茶筅売』に出演
2013(H25)
10.23 第六回若柳庸子リサイタル開催
TOP 教室案内 コース案内 プロフィール イベント 体験教室 アクセス
Copyright(C)若柳庸日本舞踊研究所